福岡県中間市の介護予防事業で聴く処方箋(永魂528Hz)が導入されました。

2020.12.15

ACOON HIBINOが会長兼CDO(最高開発責任者)を務める、永魂メディカルミュージック株式会社は、福岡県中間市の介護予防事業で聴く処方箋(永魂528Hz)が採用されましたことをお知らせ致します。

1,使用目的
中間市における新規介護予防事業「青竹踏み体操」

2,使用内容
「青竹踏み体操」の前後に実施する「準備体操」及び「整理体操」のBGMとして導入。

3,使用場面
中間市内の各自治会、事業広報(中間市ホームページにて動画を公開)DVD配布、他の市町村への情報提供

今後も聴く処方箋(永魂528Hz)を通じて、ヘルスケア事業をはじめ、人々の生活をより良くするために研究・導入を進めて参ります。