株式会社オトボトケ及び安部 秀之に関して、
弊社(ACOON HIBINO)とは一切関連は御座いません。

BIOGRAPHY

ACOON HIBINO
作曲家・ピアニスト

滋賀県出身。1981年関西学院大学在学中より本格的にピアノと作曲を始める。
日本武道館での演奏や国際的な経験も豊富。

2009年アルバム「Souvenir」を発表。
2013年にはアルバム「Zen Piano」2014年には3部作「月夜」「起源」「光の道」をリリース。
コンサートでは、米国ポートランドジャズフェスティバル出演、京都高台寺にて主催イベント、兵庫県立芸術文化センターにてソロコンサート、滋賀県で開催された「BIWAKOビエンナーレ2014」に出演。
2013年10月、DNAの修復作用があると言われている528Hzの響きを活かした演奏活動や主催イベント「OTOABI」をスタート。

2015年1月には作曲家、ピアニストとしてテイチクエンタテインメントよりメジャーデビューアルバム「心と体を整える~愛の周波数528Hz~」をリリース。
同アルバムは4月からANA国際線の機内音楽に採用される。

7月にはメジャー第2弾「自律神経を整える音の処方箋〜愛の周波数528Hz〜」リリース。
同年11月、「心と体を整える~愛の周波数528Hz~」「自律神経神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~」両作品が第57回輝く日本レコード大賞企画賞を受賞する。

In 1981, ACOON HIBINO started his music career when he is still the student of KWANSEI GAKUIN Univercity.

From 2000, he started to play as “Spiritual Pianist ACOON”.

And he has played in NIHON-BUDOKAN and also in abroad, collaborated with reading and fashon show.

In 2009, he released his first solo album “Souvenir”.

From 2010, he played with singers like MAKOTO KAGETSU (Opera Singer representing Japan) and MIKI AKO Ako (Latin Singer).

And formed an unit with HIROKI OKANO( Ambient musician representing Japan).

In 2012, he played at the largest concert hall in Hong Kong with RAY WONG(Erth player representing China).

And in 2013, he formed a new unit “Sundaland” with KENJI MIKAMI (didgeridoo player), and also released his latest solo album “ZEN PIANO”.

Recently, he started playing with the sound of 528Hz, which is said can repair our DNA.